読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋克典の“法律 だいすきになーれ+ひとり言α”

・・・・・ まずは“宅建資格”から

質問コーナー(遅延損害金)・・・。

質問を受けました。

「利息10パーで貸し付けた場合、遅延損害の利率は定めてないなら、その利率は10パーですか5パーですか」。

まず、条文は、「金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。 」とあります。

ここでは、返済に対する利率契約と債務不履行時の遅延損害の利率契約とは別ですが、貸した方とすればある程度気持ちは同じであることになります。

つまり、例えば、無利子で貸した場合でも、遅延すれば、5%の損害賠償を取るぞ。

貸した方は、怒っていますからね。

一方、5%を超える利息をとれば、その後遅延しても同じようにとれないとイヤだ、ということでしょう。

5%を超える場合には、ある程度利息が高いので、それが利息としてであろうと、遅延利息であろうと、あまり関係なくなるということでしょうか。

ですから、本問で、仮に返済計画時10パーとしたとき、債務不履行時の遅延損害の利率を契約してなかったとするならば、どうか。

それは、まさか遅れるとは思っていないわけですから、(仮に特約していればそれよりももっと高く決めた可能性もあった)10パーとして、遅延損害賠償を取っていいということになります。

これは、5%を超えるときには、たとえ特約なくても、約定利息がそのまま引き継がれるということです。

では、また。

うかるぞ宅建士 最短25時間~最後の切り札~ (うかるぞ宅建士シリーズ)
高橋克典
週刊住宅新聞社


2016年版うかるぞ宅建士 直前予想問(模試4回分) (うかるぞ宅建士シリーズ)
高橋克典
週刊住宅新聞社


試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携
高橋 克典
住宅新報社

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村

資格(行政書士) ブログランキングへ

資格(宅地建物取引主任者) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村