高橋克典の“法律 だいすきになーれ+ひとり言α”

・・・・・ まずは“宅建資格”から

三冠のために・・・。

日曜日は、マン管の試験です。 不動産関係の資格は、主に、宅建、マン管、管業、と3つあります。 全部合格すれば、三冠王です。 特に、マン管は非常に難しいです。 これをとってどうすのか、という声も聞こえますが、変化することもありますし、取っておけ…

宅建個数問題が9つから6つ・・・。

今年の宅建試験は、昨年度の難化傾向とはうってかわって、非常に易しい問題でした。 形式的には、個数問題も9つから、6つに減ってました。 3つも減ると言うことは、それだけでも優しさを感じます。 ほとんどの、予備校は個数問題9つ丁寧に出したと思いま…

急がば回れ・・・。

今のこの時期、試験を受け終わった人は、時間が十分ありますから、 なるべく、条文に慣れ親しんでおいてください。 専門でも、それをやっています。 これで、非常に実力がつきます。 学校に行ってない人は、本で学習するといいでしょう。 でひ、「試験にうか…

行政書士本試験の分析をしてます・・・。

行士の問題を入手できました。 早々分析しています。 法令は、そこそこ良問ではないでしょうか。 良問とは、しっかり理解し学習してきた人にとっては、きちんととれる、と言う意味です。 ロイドさんも述べていたように、一般教養は、難しかったですね。 文章…

行政書士試験頑張ってきてください・・・。

今日の天気、神奈川は、良い天気です。 暖かいです。今日は、普段雄力を出せるよう頑張ってきてください。 最後の1秒まで諦めないで・・・。 まずは、択一でしっかり得点をしましょう。特に行政法で得点を稼ぎましょう。 そして、記述です。 足きりもありま…

この時期味わってほしいもの・・・。

秋ですが、別に食べ物ではありません。 まだまだ試験を受ける方は別にして、もう今年は受験しない方は、この時期基礎力を付けておくと良いと思います。 それは、私の本であれば、以下の試験にうかる!!法律のカンタン思考術です。 条文を味わうことで、分析力…

宅建“法令”の特色・出所は・・・。

法令の総括で、問題の特色とか出所が、今年は少し顕著でした。 それはなにかですが、問われている知識は基本ですが、工夫が見られたということです。 例えば・・・、 ・・・・・・ ・準都市計画区域については、都市計画に準防火地域を定めることができる。 …

宅建勉強の指針となる今年の問題とは・・・。

今年は、うかるぞ宅建士 最短25時間~最後の切り札~ を出しました。 権利では、最初に手を付ける順を書き、民法の賃貸借と、借地借家の克服、と書きました。 強弱ができていなかった方は、中途半端に終わった人も多かったと思います。 そして、今年の問題で特…

宅建“なぜ今年やさしくなったか”“来年はどうなるか”・・・。

今年の宅建試験は、だいぶ前の宅建試験に戻った感はあります。 もちろん、単純に戻ったわけでもありません。 個数問題は、9問から6問になりましたが、あいかわらず個数問題は正答率が悪いです。 仮に、昨年と同様にあと3問増やせば、もう少し難しく感じら…

マンション管理士・管理業務主任者の受験申込者数もまた減少しました・・・。

今年の行政書士の受験申込者を先に見ましたが、この傾向は、マン管と管業でも同じでした。 マンション管理士は、今年の申込みで16,006人、昨年の16,466人からみると、昨年より500弱近く減少しています。 平成13年度のスタート時には、109,520人もいました。…

最短25時間~最後の切り札~ (うかるぞ宅建士シリーズ) の中にかいてあること・・・。

ここ数年書いていることですが・・・・今年は、「最短25時間~最後の切り札~」の中にも書きました。 それは、少し得点が足りなかった方に対してです。 毎年ですが、普段は実力もあり、模試などの結果も残している人が、本試験ではその力を発揮できず、合格ぎ…

行政書士の受験申込者数がまた減少しました・・・。

今年の行政書士の受験申込者をみると、昨年より3千近く減少しています。 53,456人だそうです。非常に減少しています。 ここ10年間をチェックしてみても、3万人以上の減少です。 宅建受験者が少しですが、増加しているのと違っていますね。 しかし、人数…

平成28年度本試験業法の問題“問36”・・・。

宅建業法の問題で、なかなか良い問題が、問36があります。 まずは、もう一度解いてみてください。 ・・・・・ 宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。 ア 区分所有権の…

平成28年度本試験権利の問題“問9”・・・。

権利の問題で、なかなか良い問題が、問9です。 判決文を理解して、それを前提に知識を聞いていくというものです。 既にこの判例は、平成24年問8肢1で、出題されています。やはり、過去問も、しっかり検討しておくべきですね。 ・・・・・ 問 8 債務不…

平成28年度本試験権利の問題・・・。

権利の問題で、どうしてもテキストに書けない問題を取り上げます。 それは問1です。 テキストでも、○○は判例の知識だと言うことを言っている場合もあるのですが、そこのみを注意していないはずですからやはり難しいです。 あとは、予想問でうまく当たれば、…

宅建本試験“問44”の疑義について・・・。

問44について、検討します。 ・・・・・ 問44 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBと宅地の売買契約を締結した場合、宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づくいわゆるクーリング・オフについてAがBに告げるときに交付すべ…

今年の宅建本試験”不適切問題に物申す”・・・。

今年の本試験では、淡泊な問題が多かったのですが、それもしっかり検討してないのではないか、という問題が数問ありました。 その中には、ちょっと見過ごすことができないミスがあるのではないか、述べたいと思います。 作問者がみていたら、この点是非検討…

宅建試験1年間お疲れ様でした・・・。

昨年の宅建士元年から、2回目となる今年は、数年前の傾向に戻ってしまうかのような感じを受けました。 これが第一印象です。 当然、どこも昨年のような難しさを予定していましたが、そうではありませんでした。 もちろん、難しさを求めると言っても、やるこ…

受験おつかれさまでした ・・・。

今日はお疲れ様でした。 すでに自己採点されているかたも、多いと思いますが、 まずはこれまでの疲れをとり、暫くは、これまでできなかったことを やってください。 また、試験のことはここでかきたいとおもいます。 帰りの車中より。 では、また。

さあ出陣“普段の力を出し切るぞ”・・・。

さあ、今日は本試験です。 気分はいかがですか。 1時からの2時間が勝負です。 最後まで諦めません。 少し冷静になりましょう。 宅建で業法の「直ちに」2つ言ってみましょう。冷静になります。 ・・・・ ・事務禁止処分期間が満了した後取引士証の返還の請…

今日やることそれは“昨年の問題の宅建業法のところ”のキーワードのチェック・・・。

まだまだあきらめてはいけません。 最後にやってもらいたいことがあります。 それは昨年の本試験問題の業法ですが、それを解くのでなく、キーワードをチェックしておくという作業です。 平成25年以前と、26年から特に27年の宅建業法の問題の質ががらっ…

最後は出題者の意図を汲むことだ・・・。

最後は、本試験問題文をしっかり読むことだ。 そして、そこから出題者の意図を汲むことだ。 独りよがりではダメだ。失敗してしまう。 この問題を最後に読んでみよう。H23-問42肢ウです。 ・・・・ 宅地建物取引業者A社(甲県知事免許)がマンション(100戸)を…

ここまできたのだから“もう自分を信じよう”・・・。

もう、試験直前だから、開き直ろう。 やることをやったではないか。 だから、日頃の力をだせばいいはずだ。 よそ行きにならず、普段通り、淡々と解けばいい。 そう、普段通り、試験中に集中することだ。 そうすれば、最後まで諦めない気持ちにもなる。 ドキ…

問題文をリズムよく読めない人へ・・・。

問題文をリズムよく読めますか。 正解するには、問題文を早くしっかりと読めないといけませんね。 そのためには、やはりリズムよく、テンポ良く、読めないといけません。 そうでないと、出題者の意図に早く答えられません。 特に、文章の単語、全部でなく重…

今週は1回ほど予想問を50問解いておきましょう・・・。

今週は、最後の週ですから、過去問ならH27年度の問題を通して解いてみましょう。 2016年版うかるぞ宅建士 直前予想問(模試4回分) (うかるぞ宅建士シリーズ)なら、第4回目の問題を時間を計って解いておきましょう。 理想は、権利7点、法令7点、税法2点…

まだあきらめないぞ最後の切り札“最短25時間”があるから・・・。

まだ、あきらめないでください。 ここまで来ました。もうちょっと、粘りましょう。 あと、10時間もあれば、十分業法は見直せます。 そのために、最後の切り札“最短25時間”を書きました。 最後は、これに頼っても良いので、やり抜きましょう。 このような…

最後はうかるぞ予想問で完成させよう・・・。

すでに何回も過去問を解いている人は、やはり予想問をとくことも、いいでしょう。 いままで覚えた基本的な知識が問題を通して出てくるかのチェックにもなります。 うかるぞ予想問は、まえがきにも書いたように、基本は過去問をまねて作問している部分も多く…

覚えるときには必ずその理由が大切・・・。

今週は、1,2日は、宅建業法の復習をすると思います。 私のテキスト、すなわち「最後の切り札“最短25時間”」を、受験生の気持ちで、一応ですが、今一度読んでみました。 だいたい、10講義で、8時間半ぐらいでした。テキストの表紙には、業法は最短1…

10月ですから「業法:口頭でできるもの」の論点はいえますか・・・。

もう、10月ですから「口頭でできるもの」の論点はいえますか・・・。 業法の内容です。書面が基本ですが、しかも3大書面は当然ものにできていることを前提に、さらに口頭でもできる内容です。 25時間のテキストでは、p23です。 満点を取るためには、…

この時期だからできないことをする・・・。

この時期だからこそ、できることがあります。 直前は、細かい数字などを覚えることです。 「最短25時間」テキストの最後にも、宅建業法と法令科目の数字をまとめています。 ぜひそれを利用してみてください。 以前、予想問の特集で数字特集を掲載しました…

最後は“したたかさ”が必要より多くの“切り札”を身につけよ・・・。

最後はしたたかさ、粘り強さが必要です。 これは、絶対受かりたいと思う気持ちから、したたかさも出てきます。 本試験では、最後まで“諦めない気持ち”になります。 さらに、本試験までの学習も、諦めない気持ちになります。 この前の日本代表サッカーをみて…

10月ですから「直ちに等」の論点はいえますか・・・。

もう、10月ですから「直ちに」などの論点はいえますか・・・。直ちに、速やかに、遅滞なくです。 業法のところです。遅滞なくなら、だいたいという人はおおいですが、だいたい? 渇です。 ここでは、直ちにを2つきちんといえないともう、おそいよー、です…

今年の予想問はどのくらい的中するのか・・・。

予想問の趣旨の一つには、本試験の問題そのままのものを当てたい、ということです。 うかるぞ予想問も、的中問題としての掲載があります。 解説も含めて考えていくと、業法などは、ほとんど的中しています。 今年も、この予想問においては、業法は、問題と解…

相続関係の判例で少しきになるところをやはりここで・・・。

相続関係の判例で、予想問の判決文を出しましたが、これ以外でも気になる判例がありますので、 今回取り上げておきます。 ・・・・・・・・・・・・ 共有者は、共有物につき持分に応じた使用をすることができるにとどまり、他の共有者との協議を経ずに当然に…

10月ですから「○○週間」の論点はいえますか・・・。

もう、10月ですから「○○週間」の論点はいえますか・・・。 まずは、業法の数字です。特に、3週間特に1週間を4つパットいえないようでは、ダメです。 満点を取るためには、必要ですから。 それは・・・、 ・・・・・・・・・・・・・・・ 1分担金の納付…

統計は必ず得点できるように“絶対に捨て問”ではない・・・。

統計は、数字よりも、特徴が重要です。 5つほど、前に指摘しました。正攻法できちんと覚えられた人は、OKです。 ただ今一、しっくりこない、不安だ、という人は、やはり特徴がないとなかなか覚えられませんね。 違った見方、切り口を提供しましょう。本当…

今やることは基本の再確認だ・・・。

いま、やることは、なんですか。 「基本の再確認です。」と答えています。 例えば、権利でよく問題となる、定期借家権の論点はいえますか。 最後の切り札では、p260のたった1頁です。 受からない人は、なんとなく問題を解いています。 うかる人は、しっ…

まだ、最後まであきらめてはいけない・・・。

今年の試験では、住所・氏名の問題意識を持ってのぞみましょう。 もちろん、宅建業法においてです。 まずは、氏名とか住所とは、個人情報として守らなければいけません。簡単に公開されない利益がありますね。秘匿したい点です。 ですから、公開を予定してい…

宅建試験で気になる過去問平成5年問14を・・・。

ちょっと気になる過去問が出てきました。 これを、このブログでやっておきましょう。出題されたら、マズイですから。 では、以下の問題を解いてみてください。 ・・・・・・・・・・・・・・ 区分所有者から専有部分を賃借している者Aに関する次の記述のう…

平成28年度 宅建関連・改正点その5・最終回・・・。

今回は、最後の5問免除科目です。 ・・・・・・・ 1 第1候補は、独立行政法人住宅金融支援機構からです。 住宅の建設等に付随する行為としての、政令で定める行為として 1住宅の購入に付随する当該住宅の改良 2災害復興建築物の購入に付随する当該災害…

平成28年度 宅建関連・改正点その4・・・。

今回は、税法の国税を扱いましょう。 印紙税が6で譲渡所得が3の割合で、その他1割でしょうか。今年の予想は。 ・・・・・・・ 1 第1候補、何と言っても、譲渡所得の空き家対策でしょうね。 「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設」です。 最後…

平成28年度 宅建関連・改正点その3・・・。

今回は、税法ですが、地方税を扱いましょう。 不動産取得税が7で固定資産税が3の割合でしょうか。今年の予想は。 ・・・・・・・ 1 第1候補、固定資産税なら、空き家対策でしょうね。 25時間の付録p433ですね。 これが第一候補です。 2 第2候補…

最後は自分への信頼だ・・・。

本試験で一番必要なのは、勇気かも知れません。 これだけ勉強してきたから、大丈夫だと思う気持ちが出ると良いでしょう。 もちろん、勉強してきたとしても、知識だけ覚えても、やはり不安でしょう。 本試験では、応用問題もでるからです。 そのときには、こ…

まだ業法がしっくりいっていない人へ・・・。

まずは、業法の集中学習をしていますか。 とにかく、まずやることが、テキストの完全制覇です。 特に、丁寧に覚えないといけない、3大書面の記載事項の暗記です。 さらに、自ら売主規制です。 でも、これでもか、これでもか、と、これまで言っても、ちっと…

努力は必ず結ばれます・・・。

最後の追い込みをかけましょう。 おそらく、覚えることが中心になると思います。 できるだけ、弱点をなくしておきましょう。 出そうなところで、やりたくないなあ、と思う所も避けて通らないようにしましょう。 それが栄光の架け橋です。 あとは、風邪がはや…

理解することが急がば回れだ・・・。

覚えることが多いと言っても、やたら単語だけを覚えればいいという人がいます。 やはり、それではすぐに忘れてしまいます。 それがなぜそうなっているかを理解して行くことが、結局記憶に残っていくことになります。 そして、授業を受けられる人は、講師のい…

宅建試験前答練で30点以上を一度は取っておこう・・・。

予備校に通っている人は、答練の時期ですね。 ここでは、30点以上を取ることをまず心掛けましょう。 試験に向かう姿勢が変わってきましたか。 くらいついてくるような情熱がわいてきましたか。 それは、もっともっと問題を通じて貪欲にすべて吸収するぞ、…

試験を受ける気持ちになってきましたか・・・。

試験を受ける気持ちとは、まず、問題文を読みたーい、よみたーい、と思う気持ちです。 これが出てこないと、なかなか合格レベルになったとは言い難いです。 特に、民法とか業法の長文問題でも、気持ちよく読めるようにならないといけません。 得点ができない…

平成28年度 宅建関連・改正点その2・・・。

今回は、法令上の制限の2回目です。 建築基準法を少し細かく見ておきましょう。 結構、ありますが、正解肢は、あくまでも25時間の改正点以外の基本的箇所です。 ・・・・・・・ 1 第1候補、審査請求前置主義の廃止も都市計画法と同じようにありますが、…

好評「最短25時間 〜最後の切り札〜」・・・

「最短25時間・最後の切り札」も、予想問と同様好調のようです。有り難うございます。 アマゾン、楽天では現在在庫がないよう(?)ですから、本試験も直前になってきましたので、ぜひ手に入れたい方は、お手数ですが、早めにお近くの書店をみてください。…